― 現実に存在する美しいものを描きたい。
              その現実の彼方にある目に見えない美しいもの、愛、生命を伝えたい。―
アンドレ・ブラジリエ(André Brasilier)略歴
1929
1949
1952
1953
1959
1960
1962
1964
1969
1971

1974
1977
1980
1983
1985

1987
1988



1989

1992

1994
1995
1996


1998
1999


2002
2004
2005
2006


2007
2008

2009
2010
フランス、アンジュー地方ソーミュールで画家の両親のもとに生まれる。
パリ、エコール・デ・ボザールに入学。
フローレンス・ブリュメンタル賞受賞。
ローマ賞絵画部門のグランプリ受賞。ローマのメディチ館に研究生として滞在。
ムルロ工房で最初のリトグラフを制作。パリ、ギャルリー・ドゥルエで初の個展。
パリ、ギャルリー・ヴェイユで個展。ヴィルヌーヴ・シュール・ロ賞受賞。
ニューヨーク、デヴィッド・B.フィンドレー・ギャラリーにて個展。
パリ、ギャルリー・ヴェイユにて個展、メインテーマはソーミュールの馬術学校。
ギャルリー・ドゥ・パリにて個展(全三回)。
ナント、ジルダ・ファルデル・センター(ナント美術館)にて個展。
ヴェネズエラのカラカス、ガレリア・デ・アルテにて個展。
パリ、ギャルリー・ヴィジョン・ヌーヴェルにてリトグラフとタピスリーの個展。
東山魁夷画伯が壁画制作中の唐招提寺(奈良)にブラジリエ氏を招待する。
シュノンソー城に作品100点(1950-1980年)を集め、初の回顧展。
東京にて個展。ジュネーヴ、ギャルリー・ショードロニエにて水彩画展。
ニューヨーク、ハマー・ギャラリーにて個展。
レイナルド・アーン作、戯曲『シブレット』の舞台・衣装を制作。
プロヴァンス地方のヴァンスで15×3mのモザイク画を制作。
コートダジュール地方アンティーヴ、クリマルディ城(ピカソ美術館)にて回顧展。
バンクーバー、ギャラリー・バシュレン・モワットにて個展。
パリ市ヴェルメイユ勲章受賞。
パリ、ギャルリー・ホプキン・トマ(現ギャルリー・ホプキン・キュスト)にて個展。
アンジェにて回顧展「アンドレ・ブラジリエへのオマージュ」。
金の木馬賞(アンジェ市名誉勲章)授与。
パリ市庁舎にて回顧展「バガテルのアンドレ・ブラジリエ」。
マントン、カルノレス宮近代美術館にて個展。
メッツ市廠にて個展。パリ、ギャルリー・バック・サンジェルマンにて個展。
パリ、ギャルリー・バック・サンジェルマンにて常設展。
ノルマンディ地方、ヴァスコイユ城にて個展。
ニューヨーク、ソーファー・ギャラリーにて個展。
東京にて個展。
シュツットガルト、ビューラー・ギャラリーにて個展。
ニース、ガーデン・ギャラリーにて個展。
ジュネーヴ、ギャルリー・レ・サル・デュ・パレにて個展。
東京、日本橋三越本店にて新作展(アンドーズ企画・実施)。
ドイツ、コンスタンツ湖畔、マイノー城にて個展。
ロシア、サンクトペテルブルク、エルミタージュ美術館にて回顧展。
パリ、三越エトワールにて回顧展(アンドーズ企画・実施)。
東京、日本橋三越本店にて回顧展、新作展。その後名古屋店、新潟店、2007年札幌店、福岡店へ巡回(アンドーズ企画・実施)。
ティエリー城美術館にて「ポール・クローデルとアンドレ・ブラジリエ展」。
5月サン・ブレーズ教会壁画制作完成。

10月東京、日本橋三越本店にて新作展。その後3都市を巡回(アンドーズ企画・実施)。
シュノンソー城にて代表作40点による個展。6〜11月会期。画家の長女は城主夫人。

ルーペーニュ城(画家所有)

エルミタージュ美術館主任
学芸員ご夫妻(パリ展)

広告塔ポスター(セーヌ川)

サン・ブレーズ教会
壁画制作

シュノンソー城個展
○ホーム ○会社概要 ○作品案内 ○ブラジリエ ○展覧会 ○ドキュメンタリー ○ニュース ○お問合せ

Copyright(C) 2013ANDO'S All Right Reserved. [禁無断転載]
当ホームページで使用している写真、画像などの著作権は、 ANDO'Sに属します。
無断転用、転載は一切ご遠慮ください。

■作家略歴